【海外リゾート】ホテル・コンドミニアムについて

ホテルについて

世界中の国々の多彩なホテルラインアップ

美しい景色が広がる清閑なホテルや観光に便利な好立地にあるホテル、伝統を感じる老舗ホテルから洗練されたモダンなホテルまで、様々なシーンでご利用いただける多彩なホテルラインアップをご用意しました。思い出に残るひとときをご堪能ください。

海外ホテルイメージ

ホテル利用上のご注意とご案内

  • 客室の眺望についてはチェックイン時にご利用いただく客室が決定するため、客室からの眺望、階数は事前に指定していただくことができません。予めご了承ください。
  • ご家族やグループなどでのご参加で2室をご利用いただく場合、ホテル側の事情によりお隣、またはお近くの客室をご用意できない場合があります。
  • 2名定員の客室は、大型ベッド1台のダブルルームまたはベッド2台のツインル-ムをご用意しています。
  • 3名様で1室のご利用をご希望の場合、通常の2名定員の客室に簡易ベッド(エキストラベッドまたはソファーベッド)を入れ、3名様でご利用いただきます。簡易ベッド(エキストラベッドまたはソファーベッド)の搬入時刻は20:00以降となることが一般的です。またヨーロッパなど、一部のホテルでは客室面積が小さいため、簡易ベッドの搬入ができないホテルがあります。
  • 幼児のお子様や小さなお子様連れでお部屋をご利用の場合、お子様は大人の方と添い寝いただく条件でのご提案となります。
  • 各ホテルの客室には、歯ブラシ、スリッパの用意がない場合がありますので、日本からお持ちいただくことをお勧めします。また、多くのホテルでは環境問題への取り組みとして、洗剤による水質汚濁防止のため、リネン類(タオル、シーツ等)の交換が毎日行われない場合があります。ご希望の際はホテルフロントまでお申し付けください。

コネクティングルームについて

2つのお部屋がつながっていて、お部屋の行き来に便利

4名様以上でご利用される場合は「コネクティングルーム」が便利です。コネクティングルームは隣り合わせの2つの部屋が扉でつながっています(お部屋同士をつなぐ扉は中扉、外扉の形があり、位置はホテルによって異なります)。お部屋の行き来が自由な上、各部屋にバスルームがあるので大変便利です。

コネクティングルーム間取り図の一例

コネクティングルーム利用上のご注意とご案内

  • コネクティングルームは客室を2室利用するため、交換占有日・交換宿泊券、宿泊手配料は2室分必要となります。
  • コネクティングルームは多くの場合、ダブルルームとツインルームのお部屋の組み合わせとなりますが、両部屋ともベッド1台またはベッド2台となる場合があります。
  • コネクティングルームの眺望、階数は通常の客室と同様に事前に指定していただくことはできません。
  • ホテルによっては15:00以前にチェックイン可能な場合がありますが、コネクティングルームをご利用の場合、15:00以前にチェックイン可能なお部屋は片方のみとなり、もう1室がご用意できる時間は15:00以降となりますので、あらかじめご了承ください。

コンドミニアムについて

わが家感覚のコンドミニアムで、海外での“暮らし”を楽しむ

日本ではあまり馴染みのない「コンドミニアム」。本来は分譲マンションなどの共同住宅をさす言葉でしたが、現在では「長期滞在型のリゾートマンション」という意味で使われることが一般的になりました。欧米のリゾートライフは日本と異なり最低1週間、ときに数ヶ月の長期滞在型であるため、コンドミニアムタイプのリゾート施設が発達しているのです。では、ホテルとコンドミニアムの違いはどこにあるのでしょうか。
 もっとも大きな違いは、コンドミニアムには「キッチンや生活用品が完備されている」こと、そしてリビング・ダイニングルームなどの各部屋が「広めにプランニングされている」ことです。手作り料理でゲストをもてなしホームパーティを開くなど、マイホーム感覚で使えるのが最大の特徴だといえるでしょう。開放感あふれるコンドミニアムで、快適なリゾートライフをお過ごしください。

コンドミニアム室内イメージ

コンドミニアムには様々なタイプの間取りがあります。※間取りの一例

1ベッドルーム

ステューディオルーム

コンドミニアム利用上のご注意とご案内

  • 通常のホテルのような、メイドサービス(清掃やベッドメイキング)は基本的にありません。1週間に一度の割合で清掃サービスを行う施設もありますが、施設によって異なります。
  • ホテルとは異なり、施設内にはレストランやバーなどはございません。

海外リゾート施設利用上のご注意とご案内(共通)

  • 本サイトに掲載している客室写真は一例で、実際とは異なる場合があります。
  • ご利用いただく客室の定員は、施設および客室タイプにより異なります。海外リゾートラインナップ各リゾート施設の情報をご覧ください。
  • 宿泊施設により、チェックイン時に各施設所定の宿泊者カードへの記入が必要な場合があります。また、国際電話やお部屋でのミニバーご使用時、滞在中の備品損傷の補償費用などのため、国際クレジットカードの提示または現金でのデポジット(保証金)を請求されます。国際クレジットカードのご持参をおすすめします。
  • 未成年者の方だけでのご宿泊は、各都市・各州の条例や宿泊施設の規則により、禁じられている場合があります。親権者を伴わない未成年者のみでのご参加はお受けできませんので予めご了承ください。
  • 乳幼児でも宿泊人数としてカウントされます。定員にご注意ください。
  • リゾートにより、施設館内はすべて禁煙となっている場合がございます。
  • 本サイトに掲載しているホテルは予告なく改修工事を行う場合があります。改修中であってもホテルは通常営業することがあるため、騒音が発生したり、施設の一部が利用できない場合があります。

決められたチェックインの日時に遅れる場合は事前に連絡しておかないとキャンセルされてしまうおそれがあります。
万一、遅くなるようでしたらご利用の2週間前までに、ご利用便の情報とともにRTCC事務局にご連絡ください。

 

  • ご利用については、RTCCサービス約款および利用規程もご参照ください。